楽天3980円以上購入送料込について叫びたい-1

この記事では楽天が進めようとしている3980円以上購入送料込問題について私共が元出店店舗として異論を唱えたくて記事を書いています、第1弾は無茶な施策が店舗をいかに苦しめるかについて書いています。
送料込に対抗する手段は値上げ?
商品を販売していると消費税の増税等ではお店は商品の値上げを行わなくてはいけなくなります。しかし何の関係もないこの時期に値上げというのはお客様はどう感じるのか、納得して貰えるのか?

送料込にしても結局値上げが必要

楽天の三木谷氏は先日2月13日の会見で表記を送料無料→送料込に変更しましたが店舗側は従来の価格より値上げをするしか方法はないのでいつも購入しているお客様からしたら矢張り値上げはいい感じをされないと思います。

値上げは最もお客様が嫌います

ネット通販の世界では送料無料が当たり前

楽天に限らずネット通販の世界では送料無料が当たり前になって来ているが約2~3年前に運送会社が配達料金を値上げしているので通常の宅配便の送料を店舗が負担する事になるとこれまで以上に利益が出にくくなるので運営出来なくなる店舗が増えて来るでしょう。

ネット通販の世界では送料無料が当たり前に

特に大変なのはメール便で送れない商品

取扱い商品が小物であればメール便を使えるので店舗の負担も少なくて済むが厚みのある衣服や段ボール箱でしか梱包出来ない商品は宅配便を使うしかないので運送会社との力関係になるので配達数が少ない店舗は送料分丸々値上げが必要になるかもしれません。

宅配便の送料が高騰している

ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便と楽天で使用する運送会社3社の配達料金が軒並み上がり、中でもヤマト運輸の通常配達分と代引きの料金の値上げが凄く当店も出店時は高額購入割引特典を4000円→6000円に上げて対応していたので3980円以上購入送料込では高額購入割引特典は使えない。

宅配便料金が異常に高騰!

高額購入割引特典は意味のない物に

楽天からの具体的な指示は未だないと思いますがこれまでの例えば「4000円以上購入頂いた場合送料無料になります」は自動的に意味がなくなるので廃止になるでしょう。ここでようやく利益を出る価格設定にしていた商品は全て見直しになるので店舗側の作業は大変です。

代引きは送料込表記だと手数料がネックになる

今回の送料が代引きが含まれているのかは分かりませんが表記が一律送料込なので恐らく含まれると思います。そうなると代引きの場合は手数料が運送会社から請求されるのでもしこれも込にすると手数料+送料=約1000円以上店舗負担になるので常識的に赤字確実で考えられませんね。

当店が設定していた高額購入割引特典送料

当店は当時6000円以上購入頂いた場合は宅急便コンパクトに限り送料無料としていました。通常配送は高いので宅急便コンパクトは550円程で使えるので何とか利益を出せる配送だったので通常配送と代引きは高額購入割引特典は対象外として外していました。

6000円以上宅急便コンパクト送料無料

6000円以上送料無料なのに何故代引き手数料は取られるのか?

これは楽天での送料設定に問題があり元々通常配送と代引きの設定が別々なので個別に設定すると代引きでは高額購入割引特典は利用出来ないように設定しているのでお客様が幾ら購入しても代引き手数料は計算されるので支払額には当然代引き手数料が加算されます。しかしお客様からは判らないですよね。

詐欺ではとレビューで書かれる事もあった

クレームに近いですがお客様の主張は間違っていません、店舗ページのあちこちに送料無料と表記しているのでお客様からしたら代引き手数料も送料だと言いたいのですから総支払金額を見てむかついてレビューに書かれても店舗側はひたすら謝るしかなかったです。

メール便でも6000円以上購入で宅急便コンパクト送料無料は当店独自

楽天の殆どのお店が小物の配送の場合メール便を使いますのでここの設定も必要ですが当店はメール便は送料無料にしていたので購入金額に関係なく無料でした。しかし6000円以上購入された時は宅急便コンパクトで勿論無料で配送していました。ここの表記もややこしかった。

通常配送がメール便設定

送料設定でメインの配送方法を指定出来たので当店はメール便にしていたので購入時にお客様が変更しない限りメール便でした。だから6000円以上購入された時は宅急便コンパクトで発送しますとサンクスメールでお知らせしていたので店舗は面倒ですがお客様からしたら歓迎の様でしたね。

◎【高額購入割引特典】送料無料宅急便コンパクト発送について

今回のご購入金額総額は6000円を超えておりますので送料無料で宅急便コンパクトでお届けします。

宅急便コンパクトとは?
ヤマト運輸が小さい荷物用に専用ボックスでお届けする新しい運送サービスです。

専用ボックスは開閉部に両面テープで閉じております。開閉は→部分を引っ張ったら簡単に開くようになっています。

宅急便コンパクトでのご利用は受取り希望日・時間帯の指定が出来ます。尚、受け取り希望日は表示されている日時以降指定出来ます。

指定できる時間帯は
午前中・14時~16時・16時~18時・18時~20時・19時~21時
の時間帯になります。

※【配達時間帯の指定枠の変更点】2017年6月19日配達分から適用されます
「12時から14時」→「廃止」
「20時から21時」→「19時から21時」
ご希望時間帯があれば至急(発送までに)当店までお知らせ下さい。
info@isjoy.jp

発送日までにお知らせがなかった時は
AM9時~PM5時の通常時間帯でお届け致します。
◎発送は明日7/7(金)を予定しております。

↑当時お客様に送っていた宅急便コンパクトでお届けご案内メール本文です

元々送料設定が複数あるのが混乱する要因

通常宅配便・代引き・メール便と複数の送料設定があれば料金はそれぞれ違うので表記もそれぞれ個別の表記になるのでこれを一律にする事に無理があると思います。しかも店舗によって利用している運送業者が違うので契約取引条件もあるのでどう考えても一律は無謀としか思えません。

送料を全て一律にするには楽天が配送するしかない

これは絶対に不可能です、何故なら当店の様なオーダーメード商品を扱っている場合お客様から注文を受けてから商品を作るので型番商品の様に倉庫(配送センター)にストックする事が不可能だから1個1個作成して配送センターに届けることなど物理的に不可能なので

オーダーメード商品が楽天の売りでもあるのでは?

当店が出店した当時勧誘された時に担当者から「楽天では楽天でしか買えないオーダーメード商品を特に探しています」と強く押されていたので当店は楽天こそが当店オリジナル商品を世の中に認知して貰える最大のマーケットであると確信していたのである意味相思相愛だったと思いますので今回の3980円以上購入送料込はとても残念でなりません。

まとめ

今回の記事では楽天が来月18日より実施しようとしている「3980円以上購入送料込」について昨年まで楽天に出店していました私共から見た目線でいかに無茶な施策であるかを私なりに書かせて頂きました。

次回記事では最悪この「3980円以上購入送料込」が実施された場合、店舗さんはどのように対応すれば良いのかを私なりの考えを書かせて頂きたいと思います。

つたない文章で読みずらい箇所もあったと思いますが最後までお読みいただきありがとうございました。

楽天店舗運営でお困りの事があれば何でもご相談下さい。★相談は無料です☆
(下記コメント/お問い合わせからどうぞ)

ジョイカンパニー

TEL:06-6690-0090 FAX:06-6690-0090 mail:info@isjoy.jp 担当:大久保

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です