お客様の立場で3980円以上購入送料無料は是か非か?

お客様は何が何でも送料無料を望む?

この記事では楽天が進めようとしている3980円以上購入送料込問題についてお客様の立場では3980円以上購入送料無料は是か非かについて書いています。
高額購入条件はお客様にとって魅力的?
私共も飼い猫のフードをいつも楽天のお店で購入しています。どこのお店でも0000円以上は送料無料という高額購入条件が付いていますが大体その金額まで購入する事は殆どないです。しかしその金額が3980円以上購入が送料無料の条件なら?

高額購入条件をクリアする為に余分な買い物はしない

私共は猫を3匹飼っていますので猫用のフードは必需品なのでいつもネット(楽天)で購入しています。毎月購入する商品はほぼ同じなので楽天の店舗さんで購入していますがそこのお店の高額購入条件は5980円以上購入すれば送料は無料になります。

でも5980円分購入しようと思うとかなりの数を購入しなくてはいけません。だから大体3000円4000円位なので送料は毎回払っています。

楽天市場で猫のフード購入4000円

↑楽天店舗での決済画面です

この時の購入総額は3979円(税込)なので送料730円は請求されています。
では何故あと2000円分購入して総額5980円を超える様にしなかったのか?答えは簡単です。僅か送料730円の為に余計に2000円分を購入する意味がないでしょ。それに買う商品も何を買っていいのかもわからないので、猫や犬を飼われている飼い主は毎月購入する物は大体決まっています。

なので調達するペースもほぼ同じなのでいきなりイレギュラーで何か買い足すといっても困るだけなんです、せいぜいいつものフードを余分に買う位しか考えられないのです。それに個人差はあると思いますが毎月使うペットに掛ける費用は決めているので無駄遣いは極力避けたい物です。

だから送料730円の為に余計に2000円分を購入する事は殆ど考えられないと思うのです。これがもし3980円以上購入送料無料だったら確実にいつも購入している価格帯なので非常に嬉しいです。そうなると勿論実際に掛かる送料730円は店舗又は楽天?(ほぼ店舗)が負担する事になるので店舗は非常に苦しいでしょうね。そうなると恐らく値上げになって単純に今まで10個購入出来ていたのが7個位になって3個分位がこれまでの支払い額では買えなくなるでしょうね。

送料無料は嬉しいけど値上げされると結局損をする?

 

もしいつも購入している楽天の猫フード販売のお店が値上げをしたらどうしようか?これは値上げの価格にもよりますが先にも書きました様に10個購入出来ていたのが7個位になって3個分位が減るとなると猫のフードの毎月の消費量はほぼ決まっていますので高くなっても余分につぎ足すか、又は購入事態を止めてホームセンターとかに買いに行く様にチェンジするかですが
恐らくホームセンターとかに買いに行く様にチェンジするのではないかと思います。

値上げをしたらやっぱり敬遠されてしまうの?

楽天店長さん

楽天応援サポート

猫や犬の毎月のフード消費量ってほぼ決まっていますから常に同じ量が必要なんですー

あり得ないとは思いますが3980円以上購入送料無料決定以降もこれまでの価格を据え置きで販売したらその時はこれまで以上に多い目に購入しますよ。
私の場合、楽天での実情が良く判りますのでどうしても情が出てしまいますので気持ち多い目に購入してあげたくなります。
しかし、一般の人はまずそんな事は気にする事もなく普通にいつものペースで購入していくでしょう。

送料無料はタダではなく運送会社には支払いが必要

幾らお店が送料を無料にしても契約している運送会社からは毎月必ず請求されます。元々はお客様から頂戴しなくてはいけない費用なのでこの分を全てお店が負担する事になるとたちまちお店の運営は難しくなって来ます。
送料負担分を商品に上乗せして値上げして売ればいいというやり方は余りにも無謀であるとしか思えません。
毎月同じ商品を購入するリピーター(私もそう)は現在の販売価格を把握しているので値上げすれば一発でわかりますよ、お店にとって値上げは矢張りイメージが悪くなるのではないかとしか思えません。

終わりに

お客の立場から見たら3980円以上購入送料無料は非常に有難い事ですがその為に値上げとなりいつも購入していた支払い額では購入商品が減って不足分はいつもより多い目に購入しなくてはいけなくなると購入事態を取り止める事も考えられるので結局何も得をする事がないだろうと思います。
結論を言いますと値上げの幅がどれくらいかで購入するかを決めて行くと思います。10%程の値上げなら変わらなく購入するし20%以上の値上げは別の購入方法を考えるのではないかと思います。
お店としては出来るだけ安く配送出来る方法を選択していく必要が急務だと思います。

次回記事では商品の発送時に出来るだけ安く配送出来る方法で書かせて頂きたいと思います。
つたない文章で読みずらい箇所もあったと思いますが最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です