楽天で貴方のお店の現在所在位置を認識して下さい

テーマパークのマップイラスト

この記事は主に楽天に出店して未だ間がない店舗さん、又はこれから出店したいと思っている方向けの内容となっておりますので既に数年楽天で運営されている店舗さんには当たり前の内容と思う様な事が多々出て来ると思いますのでご理解下さい。

この記事の趣旨は楽天の業務に未だ慣れていなくて日々の作業でお困りの方向けに発信させて頂きますので何卒ご了承くださいませ。

私共が楽天に出店8年の中で経験した店舗運営に非常に役立つ事を記事にしてアドバイスさせて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します。

出店間がない店舗さんの位置は?
楽天約4万店舗の中で新規出店したお店はまずお客様に見つけて貰える事が難しいです。自店舗のお店の現在所在位置(上のイラストのココ→)をしっかりと認識してお店の中を整えてお客様を迎える準備をしていきましょう!

楽天は巨大なテーマパーク

楽天に出店したばかり~1年未満の店舗さんはご自分のお店が楽天の中でどの辺りに位置しているかご存知でしょうか?よくショッピングモールは街のデパートに例えられますがそれは違うと思います。

デパートなら階層で出店店舗は分けられているのでエレベーター又はエスカレーターでB2~10階のようにとりあえず目的の階には行けるので時間さえあれば奥まで辿り着く事は可能なのでそこにお店があれば見つけて貰える事も出来るでしょう。

出店したばかりの店舗さんはまず見つけて貰う事は不可能

しかし、実際に楽天に出店したばかりの店舗さんはまず見つけて貰う事は不可能なのでデパートではなく巨大なテーマパークでその広大な敷地内の殆ど人も来ないエリアの外れにポツンと貴方のお店は建っていると思う方が正しいのではないかと私共は思います。

ここにいますよと宣伝をする

だから大体まず貴方のお店の現在所在位置を知って貰う為に宣伝をします。「今度新しくここにお店を出してこんな物を売っていますので来て下さいねー」と知り合いや他で得たお客様に訪問を促します。

そうしてようやく何人かの知り合いに来て貰える事が出来ます。知り合いは来てくれても全く見ず知らずの人、つまりこのテーマパークに来ている人に来て貰う事は難しいです。

宣伝手段はどこでする?

ではどうやって全く見ず知らずの人に来て貰うか?となるとこのテーマパークで例えれば入り口のインフォメーションセンターの案内板にポスター等を貼りだして貰います。

そうすれば誰もが通る所なので目には付きますので興味を持った人に来て頂く事は可能でしょう。これが楽天で言えば“広告”に当たります。

広告も案内する場所で天と地の差がある

このテーマパークの様に入り口のインフォメーションセンターの案内板とは楽天ではトップページになります。

私共も出店当時は長年自社サイトで商品販売していましたので楽天に出店しても自店舗の位置ははっきりと認識していましたのでまだ全く売上のない時に広告3種を約10万円程広告費として使いました。

全く売上がないのに広告に10万円は無謀では?

楽天店長さん

楽天応援サポート

確かに無謀ですがとにかくまずお店の位置を知って貰うにはこれしか方法がなかったので後から見たら可なり無謀な先行投資でしたね(^^;

楽天トップページ掲載広告代金は100万円

確実ではないですが当時出店していた頃に担当コンサルタントに聞いた時に「トップページ掲載広告代金は100万円、掲載期間は1週間」と聞いた記憶があります。

こんな多額の広告費を使っても十分に回収出来、尚利益を上げれるからこんなに高い設定になっていても当時は取り合いになっていた時もあると聞きました。

広告に100万円投資しても利益を出せるお店もある

それこそこの広告で1000万円以上売り上げるお店でしょうね、こんな多額の広告費を使えるのだからそれだけのお店はしっかりとお店も作られているしお客様対応も的確で何年も楽天で運営されている老舗の店舗さんと思います。

当店が使った広告の案内場所はテーマパークの飲食店?

売上が殆どない当時の当店が掛けた広告費は3種10万円程でした。上の100万円から比べると微々たる金額なのでこれくらいは当たり前?と思われるかもしれません。

だが当時の当店は出店して未だ1ヵ月程でしたのでお店も整備されていないし、商品数も少ない状態でした。

飲食店でも店内に貼りだされていたポスター

こんな状態でお客様に来て頂いても大した売りもないしイベントもないので殆ど目の前をスルーして行く人ばかりだったように思います。

しかも当店を案内している場所は先の殆どの人が通る入り口ではなく私共が想像するのには飲食店の店内に貼りだされていたポスター位だったと思います。

2011年11月当時の広告プラン

2011年11月出店1ヵ月後に使った広告プラン3種

入店数、要するにアクセス数は通常の1.5倍程度

飲食店でも一応ポスターを見て来て貰える手段はあるので通常の時よりは約1.5倍程度のアクセスはあったと思います。

上のプランの3種の広告で売上も通常よりは多く広告掲載期間1週間で2万円~3万円位ではなかったかと思います。まー大赤字であったのはまぎれもない事実です。

後悔先に立たず

高い授業料でしたがやらないとどの位のお客様に来て貰えるか、買って貰えるか何もわからなかったので一応やって見て結果は判ったのでここで経験者として声をにして言います。

広告を使うのはお店をきちんと整えてから

自分でもこの広告を使った時におおよその予想は立てていましたが結果は想像を絶する結果で惨敗でした。

「場所は楽天だから沢山の人が集まっているからアクセスは結構集められるだろう、最低広告料は回収出来るだろう」と期待に胸を膨らませていましたが無残な結果でした。

この広告の何が駄目だったのか?

当時はわかりませんでしたが今ははっきりと判ります。広告自体が駄目なのではなくお店がきちんと整っていない段階で広告を打ったからでしょうか?

一応広告のエリアには来てくれても魅力がないのでスルーされた、せっかく訪問してくれた人も探している商品もないので買わずに去っていってしまった。

結局お客さんが集まってもウインドウショッピングで終わり、お店の中まで入って貰えなかった事が最大の原因だと思います。

お客様がお店に訪れる様になって商品を購入して頂ける様になると次に待っているのはお客様が書いてくれるレビューです。

つまりこのレビューを頂ける様になった段階がひとつお店のレベルが上がったと認識して良いと思います。

この時のレベルならイベント(お買い物マラソン・スーパーセール)時に思い切った広告を打ってもある程度の顧客獲得は期待出来ます。

なのでまずお客様からレビューを書いて貰えれる様なお店に整備して行きましょう!

↓お客様からレビューを貰うには?下記記事の特集をお読み下さい。レビュー獲得について私共のテクニックをまとめています↓

楽天市場レビュー少ない店舗様向け【10件目標】 楽天でレビュー少ない店舗様向け【10件目標】見本を基に伝授! 楽天市場レビュー少ない店舗様向け【5点満点】 楽天でレビュー少ない店舗様向け【5点満点を頂くには】見本を基に伝授! 楽天市場レビュー少ない店舗様向け【ショップレビューを頂くには】 楽天レビュー少ない店舗様向け【ショップレビューを頂くには】見本を基に伝授! 楽天市場レビュー少ない店舗様向け【まとめ記事】 楽天でレビュー少ない店舗様向け【まとめ】見本を基に伝授!

困った時に頼りたい楽天担当コンサルタントは広告命

 

楽天に出店したら必ず1人の担当コンサルタントが付きます、コンサルタントといっても実際はネットショップ等の商売の経験のない楽天の社員です。

なのでお店の運営についてはほぼ素人です。彼らは自分の成績を上げるためにとにかく広告を売ろうと薦めて来ます。

コンサルタントの中には親身になってアドバイスをくれる人もいます

しかしコンサルタントの中には本当に親身になってお店の売上をあげるお手伝いをアドバイスしてくれるコンサルタントもいます。

私共の担当コンサルタントがそうで出店当時から色々な事をアドバイスしてくれて資料を作成してくれたり、参考店舗を教えてくれたり本当に親切にしてくれました。

このコンサルタントは広告の事よりお店を繁栄させていく事を重点に接してくれていたのでこの時に購入した広告は薦められたというよりほぼ自分が積極的に購入した広告でした。

石の上にも3年

私共が楽天に出店した時から常に頭の中に思っていた事はこのことわざ「石の上にも3年」でつまり出店してから3年間は例え赤字でもとにかく必死にかじりついて運営して行こう。

そう思っておりました。出店して3年後に黒字になれるように努力あるのみと。当店は何とか出店3年後から黒字になる事が出来ました。

1年未満で退店するのはもったいない

良く聞く話で楽天に出店しても1年未満で退店してしまう店舗さんが結構多いと聞きます。原因は矢張り思っていたより売り上げが伸びないからが殆どで退店されるそうです。

土俵の大きさで勘違いをする

どなたでも恐らく楽天に出店した時はマーケットやネームバリューの大きさから「あの日本一のショッピングモールに商品を出品するのだから売れないはずがない」

このように思いがちですが大きいだけに競争相手も桁外れに多く存在します。何の実績もないお店が広告に1ヵ月に100万円も使うバリバリのお店に勝てる筈がありません。

出店に掛かった費用を思い出しましょう

楽天に出店するには最安のコースでも30万円程は掛かっています。決して安い金額ではないです。もしかしたら必死に集めたお金かもしれません。

これを1年で取り戻そうと思ってもまず不可能に近いです、出店前からの有名店でもない限りそんなにうまく展開していきませんよ。

お客様が知らないお店は検索で上位に出ないとまず売れない

楽天でのお客様のアクセス同線は殆どが検索から辿り着きます。特にスマホでは検索以外広告を除くとお店を探す手段がありません。

だから検索で上位に出ないとまずお客様に貴方のお店を見つけて貰える事は不可能に近いです。メルマガ等で宣伝しても誰も存在を知らないので開封される事もありません。

検索順位は検索アルゴリズムが決める

 

「検索アルゴリズム」とは、「ホームページの重要性や関連性を評価し、検索結果の表示順を決めるプログラム」です。

楽天の検索アルゴリズムの場合独自で決めていますが「商品の売れ行き・アクセス数・レビュー数」等で楽天トップページから商品を探す時に検索で打ち込んだキーワードで出る商品の順位を決めて行く法則の事です。

これが最も大事な事でこの検索時に上位に表示する事に力を注いでいく事が広告を使わなくても売れて行くお店に成長出来るスタートラインです。

老舗が強い検索時の上位にどうやって対抗する?

確かに楽天の場合老舗が強く検索しても上位に出るのは老舗ばかりで新規店舗の入り込む余地は殆どないと言われて来ました。

しかしそれは少し前の話で現在は新規店舗さんでも検索上位に入る事は可能になって来ています。

過去のアルゴリズムはレビュー数が優先された

私共の店舗は約4年目から約2年間ある商品のキーワードで約5000件の検索数で常に1位~3位位を独占していました。これは当時の楽天のアルゴリズムで優先度の高かかった

“レビューの数”がかなり影響していたと思います。この商品の最終的に頂いたレビュー数は約400件で競合商品の中でも常にトップでした。

こちら↓がその商品のレビューです(401件)

https://review.rakuten.co.jp/shop/4/273905_273905/1.1/

こちら↓はショップレビューです(1011件)

https://review.rakuten.co.jp/shop/4/273905_273905/1.1/?l2-id=review_PC_il_iteminfo_07

※現在は閲覧する事が出来ますが当店は既に楽天を退店していますのでいつ何時データーが抹消されてもおかしくありませんのでもし見れなくなっていた時は何卒ご了承下さいませ。

現在のアルゴリズムは直近の売れている数が最も重要視される

楽天は検索時のアルゴリズムをオープンにしていませんので確実とはいえませんが当店が退店する約1年ほど前から過去に最も重要視していたレビュー数ではなく商品の直近の売れている数を重要視している事は間違いないと思います。

これは長く運営している老舗と新規店舗の差を出来るだけ縮める狙いがあると思います。これまでは長く運営していてレビュー数も多い店舗が検索時に上位を占めて居座っていました。

これでは新規店舗が入り込む余地がないのでアルゴリズムを改定して新規店舗さんでも直近で老舗の店舗より売れていたら検索時に上位に入るチャンスがあると思います。

まとめ

この記事では楽天に出店して間がない店舗さんに「楽天内で貴方のお店の現在所在位置を認識」して貰うことでまずお店を整える事から始めて集客する手段で広告を利用する時は十分な商品数とお店の外観を整えてイベント等も企画して訪問してくれたお客様をしっかりとキャッチ出来るようになってから勝負に出る事をお勧めします。

特に最近はスマホでの売上がどの店舗さんも約7割近く占めて来ていますのでPCページよりまずスマホページ、トップページより商品ページの整備をされることをお勧めします。楽天の場合訪問経路は検索なので商品ページがはじめに訪問する場所です。

長文でつたない文章で読みずらい箇所もあったと思いますが最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちらからどうぞ

楽天店舗運営でお困りの事があれば何でもご相談下さい。
★相談は無料です☆
(下記コメント/お問い合わせからどうぞ)

ジョイカンパニー

TEL:06-6690-0090 FAX:06-6690-0090
mail:info@isjoy.jp
担当:大久保

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です