楽天市場で設置出来る動画をリーズナブル価格でお作りします

楽天市場御社商品の売上アップに役立つ動画をリーズナブルでお作りします!

この記事では楽天市場に出店して未だ間がなく売上も少ない店舗様、又はこれから出店を考えている方向けに私共が楽天市場出店8年間で得た経験を基にお役立ち情報を発信しています。今回は私共がお作りする御社商品動画の詳細・動画が必要な理由等についてご説明しています
記事の執筆者ジョイカンパニーバナー

この記事の執筆者です※レビューはレビュー記事の記事中のURLリンクで見れます

レビュー記事は下記記事をお読み下さい

お客様は何故“ありがとう”と書いてくれたのか? 楽天でお客様からのレビュー記入“ありがとう”の重さを実感
この記事を読むとわかること
楽天市場で設置する動画が重要な事とリーズナブルな価格で作れる事がわかります

未だ動画を設置していない理由にお答えします

楽天市場の商品ページに未だ動画を設置されていない店舗さんはその理由として考えられるのは以下の様な理由で設置をためらっているのではないかと思います。

未だ動画を設置されていない店舗さんの理由
  1. ユーザーがきちんと動画を見てくれるか不安
  2. 商品の動画をどのように撮影したらいいかわからない
  3. 動画が出来ても設置の仕方がわからない
  4. 外部に作成依頼した時のコストが心配
  5. 設置した動画の効果の検証が出来ない

楽天解説

以上の5項目が未だ動画を設置されていない店舗さんの理由として挙げられると思いますのでひとつずつ解説していきます

ユーザーがきちんと動画を見てくれるか不安

やっと動画を設置出来たけどホントにユーザーは見てくれるのか?これはどなたも非常に不安な部分と思います。

動画を見る、つまり動画ボタンをクリックして貰えるのか?というユーザーの行動に掛かっている訳ですが

これには楽天市場のユーザーのレベルが非常に関係してくると思います。

ヘビーユーザー→動画ボタンや動画の位置を把握している
ノーマルユーザー→動画ボタンや動画の位置を把握していていないが動画はあれば必ず見る
ライトユーザー→動画ボタンや動画の位置を把握していないし動画を見る習慣がない

このようにユーザーのレベルが分けられると思います。

例えば動画投稿で有名なYouTubeの場合は一目でわかるYouTubeの赤いアイコンがあります。

YouTube動画イメージアイコン

YouTube動画イメージアイコン

この赤いアイコンが有るだけでここにはYouTubeの動画がある事が一目瞭然でわかりますのでユーザーのレベルには関係なく動画は誰でも簡単に閲覧されます。

一方楽天市場の場合、YouTubeの様な動画の存在を知らせるアイコンは有りません。有るのはスマホで閲覧する場合は商品写真下の「➡動画」というボタンをクリック、又は商品写真最後に自動的に動画が出る。このいずれかの操作が必要になりますのでどうしてもユーザーのレベルに左右されてしまいます。

なのでYouTubeに比べると圧倒的に動画を閲覧されるユーザーは少ないですがそもそもYouTubeで動画を閲覧する人と楽天市場で動画を閲覧する人では全く目的が違います。

YouTubeで動画を閲覧する人と楽天市場で動画を閲覧する人の目的の違い

YouTubeは情報の収集や娯楽が目的です。なので動画自体が一つのコンテンツなので作品と同じです。なのでドラマを見る様な感覚で閲覧されますので長い時間の動画でもじっくりと見られます。

楽天市場の動画は商品の説明の延長の様な内容で商品ページに掲載している内容を補う物なのでユーザーの目的は商品の使い方や商品の情報を知りたい為に閲覧されますので長い時間の動画を見ようとはしません。

要するにYouTubeの動画を見る人と楽天市場で動画を見る人では圧倒的にユーザーの数が違います。なので比べる事自体が間違っています。目的が全く違うのですから比較対象にはなりません。

楽天解説

楽天市場で動画を閲覧する人の目的は購入を考えている商品の細部・使い方・使うイメージ等を求めていますので購入を考えている人は間違いなく動画を見て貰えると思います。
MEMO
動画を見るというより動画の存在をユーザーに認識して貰う、これは楽天市場のシステムの改善が必要なので私共はずっと「動画の存在をユーザーに認識して貰えるシステムの改善」これを言い続けておりますので1日も早く改善される事を願うばかりです。

動画の存在をユーザーに認識して貰う為に私共が推奨する方法については下記記事をお読み下さい

楽天市場を利用するユーザーは本当にスマホで動画ボタンをクリックするの? 楽天市場利用ユーザーはスマホ閲覧で動画ボタンを把握しているのか?

楽天解説

動画をユーザーに見て貰うにはまず動画の存在を認識して貰う事が大事ですよという事をご説明させていただきました。次の章では商品の動画をどのように撮影するかについてご説明させていただきます。

商品の動画をどのように撮影したらいいかわからない

これをいち早く知るには商品の事を知らない第三者に商品を見て貰いもしその商品を購入するとしたらその商品のどの部分を一番知りたいのか?を聞いてみる事をお勧めします。

何故第三者でないとダメなのか?それは商品制作に関わった人は少なからず商品に愛着を持っています。なのでシビアな面では見れないので実際のユーザーの視点とはずれがありますのでその商品に全く関係のない第三者の視点が大切なのです。

私共も出店当時は商品の動画を撮影する時はその商品に全く関係のない第三者、特に実際に購入された方の意見を非常に重要視していましたので動画を作成してからでも購入された方の意見に沿って動画を作り直した事も多々ありました。

次に動画を撮影する時の機材ですがこれはお持ちのスマホで充分です。ただ一つ気を付けないと行けない事はスマホは手持ちではなく三脚等に固定して撮影するという事です。

手持ちの場合は必ずブレが起こります。撮影の当事者では余り気になりませんが何も知らないユーザーから見るとこのブレは非常に不快に感じます。

どんなに良い商品でも素晴らしいアングルで撮影した動画でもブレていては全て台無しです。もしこのようなブレた動画を掲載するとユーザーは即離脱しますので商品の売上にも大きく影響しますので動画を撮影する際は必ず

“固定して撮影する”

これを基本に考えて撮影して下さい。

動画は無駄な部分でも後で編集出来ます

これは初めて商品の動画を撮影する時は無駄な部分を入れてはいけないと何度もやり直しをしたりして中々前に向かっていけない事が多々あります。

しかしながら撮影後に幾らでも編集してカット出来ますので初めから完璧な物を撮影する事は考えずに撮影して下さい。

楽天解説

商品の動画を撮影する時はスマホで大丈夫ですが必ず固定して撮影する事が大事で撮影時はやり直しを考えずに後で編集出来ますのでまず撮影して見る事が大事ですよという事をご説明させていただきました。次の章では作成後の動画の設置の仕方についてご説明させていただきます。

動画が出来ても設置の仕方がわからない

動画は楽天RMS画面からR-cabinet内の動画管理より登録したい作成済みの動画を選択してアップロードしていきます。

R-cabinetは商品の写真を登録する所でここの動画管理にアクセスしてアップロードしていきます。アップロードの仕方は下記記事に詳しく書いておりますのでご参照下さい。

楽天市場の動画設置方法は下記記事をお読み下さい

動画設置効果!3000個売れた! 楽天商品ページに無料で設置出来る動画!3000個売れた技を伝授!

楽天解説

動画設置方法は特に難しい事はありませんので商品写真を登録する感じで出来ますので是非チャレンジして見て下さい。次の章では外部に動画を作成依頼した時のコスト、つまり私共に動画作成をご依頼された時のコストについてお話させていただきます。

外部に作成依頼した時のコストが心配

私共では楽天市場に出店してもまだまだ売上も少なく苦労している店舗様の為に私共でお作りさせて頂きます動画作成の費用は他と比べても可なりお安く設定させて頂いております。

動画作成1点3000円(税抜)

楽天解説

動画作成1点3000円(税抜)という価格はどこよりも最安価格であると自負しています。ではどうしてこんなに安い価格設定をしているのか?

それは私共が楽天市場に出店時未だ売れていない時に外部に依頼する様な余裕が全くなかったので同じ様な境遇の店舗さんの気持ちが手に取る様にわかりますので店舗さんに負担が掛からないコストで抑えたいというのが一番の理由ですので動画作成1点3000円(税抜)というリーズナブルな価格でご提供させていただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です