楽天は何故叩かれる?楽天ペイの使い方は難解そのもの

楽天ペイで入金・振込・請求、毎月の計算が??

楽天ペイを導入した訳は
商品を購入したお客様の決済に関する不安を払拭し、店舗の決済関連業務の負荷軽減を目的として導入されたそうですが実際の使い方は??

楽天ペイとは?

楽天ペイとは楽天で商品を購入したお客様が支払時に選択する決済手段がクレジットカード決済が使えない、コンビニ払いが使えない等の店舗により違いがあって利用するお客様の混乱を防ぐ為に全店舗共通の決済手段を利用出来る様に作られた新しい決済システムです。

楽天ペイのメリットは

(店舗側として)
売上・支払いが自動的に相殺されるのでこれまでの毎月の振込手続きの必要がなくなったのでお店の会計作業が軽減されますのでお店は注文が入ると発送業務に集中出来るのでこれまで以上にお客様とスムーズに取引が出来るようになる。決済手段が統一されるのでこれまで利用出来なかった決済も利用出来るようになるのでお客様の購入時の支障が減る。

楽天ペイのデメリットは

(店舗側として)
注文確認画面での同梱処理が出来なくなったのでこれまでのように複数に分けて同一カードで注文をされたお客様に毎回「誠に申し訳ございません、現在の新しいシステム(楽天ペイ)では同梱処理が出来ません」とサンクスメールでお詫びをしなくてはいけないので非常に不便、決済関連は楽天ビルペイに一括されるのでここの見方を把握するまで大変でした。

楽天ペイ変更後のRMS操作は?

全体的に見た目は旧RMSと比べてもそう変わりはないように見えますが実際のそれぞれの項目設定はかなり変更されていて中でも受注・決済管理R-Backofficeの注文確認画面は注文画面の一覧がないので1つ1つ詳細を確認しないといけないので注文数が多い時は非常に時間がかかります。

注文確認画面

旧RMSの場合、注文数が多い時は上限500件まで一覧で表示させる事が出来たので当店でも一度だけ1日の注文数が500件を超えた事があったのでその時は上から注文順にスクロールして確認出来ましたがこのペイでは1件1件開いて見ないといけないのでこのような大量注文の時には注文処理にとんでもない時間がかかりそうです。

旧RMS注文500件超え画面

↑旧RMS画面で1日の注文500件超え画面

同梱処理

私共がペイに変わって一番困ったのはこの“同梱処理”が出来なくなった事です。私共が販売していました商品が他にはないオリジナル商品が多かったので購入後に別の商品も気に入られて同日又は翌日に同じ人が注文される事は多々ありました。

前まではこれらの注文はまとめて“同梱処理”するのでお客様には最後の注文時のサンクスメールで「今回のご注文は同梱処理しておきました」とお知らせするだけだったのにこのペイからは「誠に申し訳ございません、現在の新しいシステム(楽天ペイ)では同梱処理が出来ません」とサンクスメールでお詫びをしなくてはいけないので手間がかかるしお客様にも印象が悪くなるのでとても不快な思いでした。

当時のお詫びサンクスメール文

×××××様

毎度ご注文有難うございます。
ジョイカンパニー楽天店の大久保と申します。

この度は数ある店舗の中から、当店をご利用いただき有難うございます。
ご注文確かに承りました。

◎ご注文分の同梱決済(ひとつにまとめる)について

☆今回別々に2件のご注文をいただいていますが2018年2月1日より楽天での決済システムが変更され新システムでは同梱決済(ひとつにまとめる)が出来なくなりましたので2件のご注文は別々に処理されますので何卒ご了承下さいませ。

同梱は決済についてですのでご利用クレジットカードへのご請求が2件別々に記載されるという事だけで、商品の発送はまとめて1回で発送させて頂きますのでご安心下さい。

この後、後のご注文分のご案内メールをお送りします。
※内容が重複する部分は割愛させて頂きますので何卒ご了承下さいませ。

楽天応援サポート

同じ人の注文は殆ど同じクレジットカードを利用しているのでお客様からしたら何故同梱が出来ないの?と思われていたと思います。店舗としてはまず現実に不可能という事をお客様に伝えて誠意を見せるしかないですからねー、ホントつらい役目です!

保留の注文は

旧RMSの場合、注文が確定していない時、つまり支払が未確認・注文情報に不備があったので問い合わせ中等の場合は保留ステータスに移動しておいたので一目瞭然でしたがペイの場合はこの保留ステータスが無くなっているので注文確認した分は自動的に発送待ちになるので保留状態で発送は出来ないのに注文からしばらくしたら早く発送しろとうるさくアラートで出るので「どないせーちゅうねん!」と苛立っておりました。

メールテンプレート管理

旧RMSでもペイになっても当初はPC用とスマホ(モバイル)用に分かれていたので同じ内容のテンプレートがそれぞれ必要だったが途中から合体して1つになったのでこれだけはペイに変わって楽になりましたねー!

楽天ビルペイ

ペイに変わってからは決済関連は全て別ログインでのビルペイで確認する事になりましたがこのビルペイが非常にわかりづらく何度もコールセンターに電話をしてECCコンサルタントに聞いてようやく見方が何とか判りましたが請求されている各々の金額の計算方法は最後までわかりませんでした。

楽天ビルペイトップ画像です

↑ビルペイトップ画面です

帳票の見方(4種類

このビルペイで確認しておく必要があるのは以下の4種類の項目です。
※画像の金額欄はマスクで隠していますので帳票の形の認識用として下さい。貴店のビルペイ帳票と比較用として下さい。

品目別計算書

ここに月間決済高、月間決済件数(注文数)、楽天ペイ利用料等が表示しています。

楽天ビルペイ品目別計算書画像です

総合清算書

ここに支払合計額から請求合計額を相殺した支払額が表示しています。

楽天ビルペイ総合清算書画像です

支払通知書

ここに総合清算書で計算された当月締め分(1/2)のお支払額が表示しています。

楽天ビルペイ支払通知書画像です

店舗別内訳書

ここに当月請求分の個別詳細金額が表示しています。

楽天ビルペイ店舗別内訳書画像です

よくある質問

相殺スケジュール

当月11日~25日分のお支払計算額は、翌月15日頃に相殺せず楽天より振り込まれます。
当月26日~翌月10日分のお支払計算額は、先月末の請求計算額と相殺の上、楽天より振り込まれます。

請求の計算内容

店舗別内訳に該当する品目別計算書をご確認下さい。

画面上で支払状況の確認

ビルペイへ企業IDでログインして確認が可能です。
楽天への支払状況画面より、楽天からの請求額や、楽天への支払状況を確認できます。

まとめ

今回の記事では新しく変わった楽天ペイと決済画面ビルペイについての使い方、見方を旧RMSとの違いを私なりに経験して非常に分かりにくいし使いにくかった事を書かせて頂きました。

つたない文章で読みずらい箇所もあったと思いますが最後までお読みいただきありがとうございました。

楽天店舗運営でお困りの事があれば何でもご相談下さい。★相談は無料です☆
(下記コメント/お問い合わせからどうぞ)

ジョイカンパニー

TEL:06-6690-0090 FAX:06-6690-0090 mail:info@isjoy.jp 担当:大久保

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です